小顔のためにしたいこと

さまざまな小顔効果を駆使する

小顔を作り出すためには、物理的に顔を小さくするだけでなく、いかにして小顔に「見せる」かが重要になってきます。
テレビやグラビアで見かけるモデルさんはみな小顔なものですが、それは本当に顔が小さいということに加え、小顔に見えるテクニックを自然に取り入れているということも大きな要素になっています。
写真を撮っているとたまに「偶然の一枚」とか「奇跡の一枚」とか言って異常に写真うつりがよくなることがありますが、それはたまたまそうした小顔効果がうまく表に出たときにそうした一枚が生まれるようです。
モデルさんも使っているテクニックといってもプロの専門的な知識を持った人にしかできないものではありません。
誰でもちょっと慣れてコツを掴めばいつでも実践できる簡単なものがほとんどです。

中でも顔の大きさを小さく見せるために重要になってくるのが色の使い方です。
色には近くにあるものを大きくみせる膨張色と、反対に小さく見せることができる縮小色があります。
ダイエットなどでもそうですが、色を配置するときにテクニックを使うと実際の体型よりもぐっとスタイルよく見せることができます。
しかし顔の部分には直接布をまとうことができるわけではありませんから、頭や服装などを間接的に利用していくことが重要になります。
以下のリンクから、色彩を用いつつうまく小顔を作り出すファッションのテクニックを紹介していきます。

参考:体型を服の色のチカラを借りて変える

小顔に見せるためのテクニック集

化粧で小さく見せる

小顔に見せるための化粧テクニックを紹介していきます。
ただ漠然と色を乗せていくのではなく、顔にメリハリを持たせることができる陰影をつけることでだいぶ第一印象を変えることができます。

髪型で小さく見せる

髪型で小顔に見せる方法を紹介します。
もしかしたらその大顔の原因は、顔型にマッチしていない髪型をしているからかもしれません。
フェイスラインによって効果が異なる小顔のための髪型を説明します。

服装で小さく見せる

服装で小顔に見せる方法を紹介します。
ファッションを選ぶときにも、ほんのちょっとした工夫をすることで小顔に見せることができます。
顔の印象を決めるのは、着用しているファッションの色や胸元の形、上半身~下半身のシルエットです。

帽子で小さく見せる

帽子で小顔に見せる方法について紹介します。
ファッションアイテムの中でも帽子はうまく使っていけばかなり効果的に小顔を作り出すことのできる便利なものです。
紫外線対策のためにもより実用的な帽子選びをしていきましょう。

冬限定!マフラーの巻き方

小顔に見えるマフラーの巻き方について紹介します。
冬期間限定ですが、マフラーの巻き方をちょっと工夫するだけで小顔効果を生み出すことができます。
小顔のためのマフラー選びを、大きさや色、巻き方から提案していきます。

写真撮影で小さく見せる

写真撮影で小さく見せるコツを紹介します。
自分の大顔を実感してしまうきっかけにもなる写真ですが、実は写り方次第で小顔に見せることも可能です。
プロのモデルさんも使っている、自然に小顔に見せるテクニックを紹介していきます。