服装で小さく見せる

小顔マッサージと合わせて行っていきたいのが、小顔効果を得ることのできるファッションです。
小顔マッサージは続けていくことで効果を得ることはできるのですが、ダイエットと合わせてリンパの流れを改善していくための運動は見てすぐわかるほど効果を得られるまでにはかなり長い時間がかかってしまうので、それまでの辛抱期間が長いのが辛いところです。
そこでおすすめなのが、ちょっとしたアイテムや色使いを加えるだけで大きな効果を得ることができる小顔ファッションです。
小顔というのはあくまでも印象が作り出す要素が大きいので、うまく視線を顔以外のところにそらしていくことで実際に小顔になるのと同じような効果をえることができます。

まず小顔のためのファッションアイテムとしておすすめしたいのがストールです。
冬ならマフラーを使うことで代用ができますが、首元に何か布を巻くことでかなり顔の印象を変化させていくことができます。
首元に何か色があると、それだけで顔色が明るくなったり暗くなったりするので、そんな印象の変化をうまく利用していけば小顔効果を十分得ることができます。
コツとしては、使用するストールやマフラーなどはできるだけ大きめのものを使うようにするということです。
小さめのストールにするとストールの大きさに対して顔が大きいという印象ができてしまうので顔が大きめに見えてしまいます。
反対に大きめのストールをざっくりと巻くようにすると、顔が小さく見えるとともに肩幅などを華奢に見せることができます。
また首にきつく巻きつけるようにするのも同じようにフェイスラインを目立たせてしまうことになるので、大きめのストールをゆるく巻くということを心がけていきましょう。

服装においてもトップスの襟元の形状はかなり重要です。
夏場は軽装になることも多いので、ストールを常に巻き続けるというのは難しくなります。
そこでトップス一つでも小顔効果のある服装をいくつかバリエーションとして持っておくとよいでしょう。
まずおすすめになるのが、襟の大きめのブラウスやシャツです。
同じブラウスやシャツでも、襟が大きめに作られているものの方が来ている人の顔を小さく見ることができます。
また丸襟よりもシャープな角度の襟の方がフェイスラインをすっきりと見せてくれるのでおすすめです。
さらに襟のないTシャツを選ぶときには、襟周りが狭いものよりも深めになっているものを選ぶ方がよいでしょう。