メガネで小さく見せる

・メガネの小顔効果はすごい!

薄々勘づいている方もいらっしゃるかもしれませんが、メガネは選び方次第でかなりの小顔効果を発揮します。

そのため、視力が悪いというわけではなくても、伊達メガネを着用して小顔に見せている芸能人の方もいらっしゃるほど。
ここで、小顔効果をより高くするメガネの選び方についてご紹介したいと思います。

顔の形によって選ぶべきメガネは変わってきますが、すべてに共通することとしてはメガネの幅が挙げられます。
メガネの幅は、必ず顔の幅と同じくらいのものを選んでください。

顔の幅より小さいメガネを選んでしまうと、お分かりかと思いますが顔は小顔どころか大きく見えてしまいます。
では顔の幅より大きいメガネがいいのか、というと決してそういうわけではなく、顔の幅より大きなメガネをかけると、顔全体のバランスが取れず、ダサい印象を与えてしまうのです。

次にメガネをかけたときに、左右それぞれのレンズの中央に黒目が来るメガネを探します。
中央よりも場所がずれてしまうと、やはり顔のバランスが悪くなってしまいます。

・フレームの縦幅は少し長めがベスト

いよいよ重要なフレームの形になりますが、やはりフレームの縦幅は、短いよりも長いほうが小顔効果が高くなります。
少し前からかなり流行している「ウェリントン型」のメガネは、小顔効果がかなり高いです。

しかし、ウェリントン型でも下に向けて幅が狭くなっていくようなタイプだと、ものによっては顔が大きく見えてしまうことがありますので、実際にかけてみて、小顔効果があるものを探してみてください。
面長の人はウェリントン型だと小顔効果が期待でき、丸顔の人はウェリントン型だと丸顔が強調されてしまうというケースもあるようです。

ちなみに面長の方は、メガネの位置が少し下にあるほうが小顔効果が高くなります。
ですので、横長のフレームよりも、四角くて縦幅が長いフレームのほうがおすすめです。
今は小顔効果の高いメガネがいろいろ作られていますので、たくさん試してみてお気に入りの1着を見つけてください。

ちなみにフレームの色は、やはり黒色が小顔効果が高いといわれています。
最近の人は、ほとんどといってよいほど黒フチのメガネをかけていますね。
流行しているということもあると思いますが、小顔効果を狙っている人も意外と多いのかも?

メガネをつけることで顔の印象がかなり変わってきますので、視力の悪くない方も、ファッションの一部としてメガネを楽しんでみてくださいね。