髪型で小さく見せる

小顔効果を得るためには、顔の部分のむくみをとるための運動と合わせてファッションにも気を使うことが大切です。
「小顔」というのは単純な大きさだけでなく、体全体と合わせた印象が作り出す部分も多くなっています。
服装によって太って見えたり痩せて見えたりする「着痩せ・着膨れ」といった状態がありますが、顔においても髪型が大きく関係してきます。
そこでおすすめをしたいのが、小顔に見えるようになる髪型です。
実はプロのモデルさんや芸能人も、小顔に見せるための髪型のテクニックをかなり巧妙に駆使していたりするのです。

小顔に見せるためのヘアスタイルのポイントは、気になるフェイスラインをうまく隠して顔全体を小さく見えるように陰影をつけていくということです。
小顔と合わせて考えていく必要があるのが、顔全体の形です。
理想的な顔型とされるのは卵型と言われる少し面長の形状です。
丸顔や四角顔、また縦に長細い顔型をしている人はどうしても卵型の人に比べて縦・横に長く見えてしまうので、それが顔全体を大きく見せてしまうことにもなります。
ですので、そうした気になる顔のラインをうまく隠すことができれば、自然に小顔に見えるようになっていきます。
具体的には、丸顔の人の場合には両頬のサイドにある髪の毛を少し厚めにして顔のラインをはっきり見せないようにしていきます。
同じように四角型の顔型の人や、頬骨が大きく出てしまっている逆三角形型の顔の人の場合にも、サイドの毛の位置を工夫することで、めだって広がっている部分を隠して小顔の効果を生み出すことができます。
また、前髪の位置や厚みも小顔効果を得るためには大変重要です。
前髪を重たくすると印象が暗くなって嫌だというふうに言う人もいますが、前髪のない額を丸出しにした髪型にすると、顔が縦に長くなってしまいます。
なので適度に前髪を作りあまり顔全体をすべて見せないようにすることで、顔を小さく見せることができるようになります。

また、髪型にちょっとしたアレンジを加えることで顔全体の印象を変化させることも可能です。
例えば同じポニーテールを作るにしてもすべての髪の毛をまとめてしまうのではなく、顔の脇に少し髪の毛を残すようにしたり、襟元に髪の毛を流すようにすると、顔型の印象もかなり異なってきます。
いずれにしても、大切なのはまず自分の顔型をしっかりと見てそこからどこを隠すことで小顔を作り出せるかをきちんと分析していくということです。