割り箸一本でできるトレーニング

・小顔をになるための魔法のアイテム?

小顔エクササイズにはさまざまなものがありますが、ここでちょっとしたアイテムを使って小顔をつくることができる、魔法のアイテムをご紹介したいと思います。

そのアイテムはズバリ「割り箸」。
たった1膳の割り箸で小顔になれるなんて、一体どんな方法で小顔をつくることができるのでしょうか?

やり方はとても簡単です。
まずは割り箸を割らない状態で口に加えます。
少し強めに噛むようにして、そのまま30秒ほど加え続けてください。

その後、左右の口角を上げた状態にして、さらに15秒ほどキープ。
これは表情筋をかなり使いますので、あまり長時間維持することは難しいと思われるため、15秒持たなくても大丈夫。

辛いと思ったらそこでやめてください。
あまり無理してしまうと続けることが難しくなってしまいますので、あくまで無理なく継続できるレベルが大切です。

これを1日数回行うことで、顎のラインがすっきりとして、小顔効果が表れてきます。
割り箸ならお金をかけなくてもすぐに用意できますし、実際にやってみるとわかりますが、筋肉を使っていることを実感できるので、かなりの効果が期待できそうです。

割り箸をくわえることで、噛み合わせが正常かどうかを確認することもできますので、少し違和感を覚えたら、歯科医に診てもらうとよいかもしれません。
親知らずが生えていたりすると、噛み合わせがおかしくなることがあります。

・ポイントと注意点

割り箸をくわえるときは、あまり強くくわえすぎないことも大切です。
歯の調子が悪いのに、あまり力を入れてしまうと歯に影響が出てきてしまうと困りますし、顎の弱い方や、顎関節症の方は症状が悪化してしまう恐れがあります。

最初は1日2回程度のエクササイズで十分ですので、毎日継続して行うことを意識しましょう。
洗面所に置いておき、顔を洗うときにサッと行えば、無理なく続けることができそうですね。

顔が大きいと思っていない方でも、このエクササイズを行うことで、顔のたるみを予防、改善することができますし、顔がむくみにくくなり、スッキリしてきます。
小顔になりたい方はもちろんですが、特に悩みのない方でも、定期的に表情筋を鍛えることは美容と健康によい効果がありますので、ぜひ積極的に行ってみてください。

あと、割り箸にささくれができていると、くわえたときに唇にケガをしてしまうことがありますので、事前にトゲやささくれがないかを確認してからエクササイズを行うことをおすすめします。