かっさを使ったマッサージ

「かっさマッサージ」は、テレビのバラエティ番組でも何度か取り上げられたこともある、ブレイク中のマッサージ方法です。
「かっさ」とは水牛の角や石でできた板状のへらのことをいい、顔の内部を流れる血液やリンパ液の流れに沿うようにしてそれを動かしていくことにより、顔内部の新陳代謝を促しそれが顔の老化現象を防いできれいなフェイスラインを作り出すことができるとされています。
かっさマッサージはもともとは全身のむくみをとったり肌全体のハリや弾力を取り戻すために行うものとされてきましたが、それが結果として小顔の効果も生み出すことができるといいます。
他にも顔を引き締めることによる目をぱっちりと見せる効果や、肌をきれいにすることによるメイクのノリをよくする効果、さらには免疫力をたかめて風邪になりにくい体を作ることができます。

かっさマッサージは効果の高さとともに、自宅でも簡単にできる手軽さが人気の理由になっています。
やり方の大きな流れとしては、まずまっサジー用のフェイスクリームを顔にたっぷりと塗り、そのあとでかっさを使用してリンパの流れにそった動きを加えていきます。
流れの大まかな動きとしては顔の中心から外側に向けてというふうになっており、額を眉頭の中央から上に向かっての動きを放射状に行っていったり、鼻先から耳に向かっての動き、さらにアゴのラインにそって耳に向かっての動きを行っていきます。
また顔の中央のラインからこめかみを終点とした流れでかっさを動かしていくと老廃物の排出を早めることができるので、それがむくみの防止につながります。
顔の部分に行うことで顔のむくみをとって小顔効果を得ることができるのですが、顔の内部には血液やリンパ液が大量に流れていることもあって、全身の疲れやコリをほぐす効果も同時に得られるものとなっています。

またかっさマッサージは顔の部分だけでなく、体の他の部分に行っていくことで全身の不調症状を取り除くことができる便利なマッサージでもあります。
効果が高いのは足の部分に行うかっさマッサージです。
足に行うかっさマッサージでは、まず足の裏を中心線に沿って数回なぞるようにして行っていきます。
そのあとで、足のかかとの中央を起点として5本の指それぞれに向かって進んでいくマッサージも足裏へのよい刺激となっていきます。
女性にとって大きな悩みとなっている足の冷え性もこのかっさマッサージで解消が期待できます。
足のむくみが起こるのは足の部分へのリンパの流れが悪くなり老廃物が運び出されず余計な水分がいつまでも残ってしまうことですが、それをかっさマッサージにより刺激を与えて取り除いていきます。
流れとしてはくるぶしのちょうど内側あたりをスタートにして、膝の裏側のラインをかっさを使って登っていくようにします。

かっさマッサージは顔以外の部分に行うことでも、それが間接的に体全体のリンパの流れをよくしていくことになるので、小顔効果や美肌効果を生み出すことができます