魔法の言葉

・顔筋を鍛える言葉

以前から、表情筋を鍛えることで小顔効果が表れるということはよく耳にしますよね。
それにとても効果的なのが、ある5つの言葉をおもいっきり大きな口を開けて発することなんです。

その言葉とは、ご存じの方も多いかと思いますが、「あ・い・う・え・お」の5つ。
これを大きな口を開けてゆっくりと発することで、表情筋がバランスよく鍛えられます。

演劇をやっている人は、大きな口で「あ・え・い・う・え・お・あ・お・あ・い・う・え・お」と発声練習をすることがありますが、これは発声練習と同時に、小顔効果もあるというわけです。

・エクササイズ方法

姿勢を正し、顔をまっすぐ前に向けた状態で、これ以上開けないというくらい思い切り口を開けて「あいうえお」とゆっくりと動かします。

「あ」と口を開けるときには、左右思い切り広げるように。
「お」においては、唇全体を前に突き出すように、いっぱいいっぱいの力ですぼめてみましょう。
思いの外顔の筋肉を使っていることを実感できるはずです。

「あいうえお」のほかに、「ポリバケツ」という言葉で行うエクササイズもあります。
母音においては「あいうえお」と変わりありませんが、下を使ったり、半濁音であることから、口を動かすことによる筋肉の使われ方が微妙に違ってくるようです。

非常に簡単なエクササイズになりますので、1日1回やるだけではなかなか効果が見られないと思われるため、できれば1日3、4回くらい行うことをおすすめします。
朝起きてから、お昼休み、寄る寝る前のほかに、さらにトイレの中などで気づいたときに行うことで、より効率よく効果を実感することができるでしょう。

・続けることが大切

こうしたエクササイズは、頑張ってやっていると目に見えた効果が表れます。
ほうれい線が薄くなったり、顎の下のお肉が目立たなくなる、顔のたるみがなくなるなどの効果が期待できますが、エクササイズをやめてしまうとすぐに元通りになってしまう、長い間維持することが難しいという点があります。

なので、エクササイズは少し効果があったからといってやめてしまうのではなく、毎日コツコツと長期間続けることが最大のポイント。
続けることでさらに小顔になることができますし、またその小顔を維持することができます。

お金をかけてエステに行かなくても、ちょっとしたエクササイズと継続する努力で小顔をつくることが可能です。
早速今から、魔法の言葉エクササイズを試してみてくださいね。