ラップパック

・美容に欠かせないアイテム「ラップ」

ラップは、小顔効果のほか、デトックスやニキビ対策にもよく用いられる、美容に欠かせないアイテム。
本来はキッチン用品ですが、足の乾燥をパックするときなどにもよく使われるので、洗面所に常備しているという方も少なくありません。

小顔になるためのラップの使用方法は、ほかのエクササイズ同様とても簡単。
準備するものはラップと、普段使っている乳液のみです。

洗顔後、タオルで顔の水気を拭き取ったら、普段より多めに手のひらに乳液をとり、化粧水などをつけない状態で直接顔になじませます。
たっぷりとなじませるのがポイントです。

その後、2枚にカットしたラップを、上半分、下半分に乗せます。
これは呼吸を妨げないためで、2枚に分けて貼ることで、ちょうど鼻の穴を塞がずに済みますので呼吸もしっかり行うことができるのです。

ラップをつけたら、そのまま浴室に行き、10分以上ゆっくりと湯船に浸かります。
熱いお湯に肩まで浸かると10分経たないうちにのぼせてしまう可能性があるので、できれば半身浴がおすすめ。
心臓にも負担がかからず、快適に長時間湯船に浸かれます。

10分以上経過したら、ラップを外してスキンケアをすればOK。
その後スムーズにスキンケアをするためには、入浴の最初にラップパックをするのではなく、髪や体を洗い終わった後、最後に温まるときに行うのとよさそうです。

・小顔効果の理由は?

ラップをすることで顔の血液の循環がよくなる上に、発汗作用が高まるのでむくみを予防、改善することができるという点が一番大きな理由ではないかと思われます。

さらに乳液を乗せてパックすることで、保湿ケアができる上、パックがより肌の奥まで保湿成分を浸透させてくれるため、顔がキュッ上がるのもポイント。
そう、保湿をしっかりと行うことで、肌にハリが出るため、肌が上がるんですよ。
これは化粧水などでも同様の効果が期待できますので、ぜひ試してみるとよいと思います。

お風呂で半身浴をするという方は多いかと思いますが、何も顔に付けない状態で半身浴をすると、意外と乾燥しやすいです。
ですので、このようにパックをしたり、化粧水をパタパタしながら半身浴をするほうが、肌を良好な状態に保つことができますので、ぜひ試してみてくださいね。

乳液はどんな種類でも大丈夫です。
普段使っているものを取り入れてみてください。
また乳液は使わないという方は、とろみのある化粧水や、リーズナブルな美容液を導入してもよいと思います。