耳たぶまわし

簡単で効果が抜群

小顔矯正のための施術の中には、継続的に自宅で行うことができる簡単で効果の高い方法もいくつか存在しています。
その中の一つで有名芸能人なども効果を実感したという方法が「耳たぶ回し」です。
小顔を作り出すためのマッサージ方法は多くのところで紹介されていますが、中にはツボ押しやリンパの流れにそうものなど慣れや知識が必要となっているものもいくつかあります。
その点この耳たぶ回しは初心者でも比較的わかりやすく、また間違った方法により副作用を生じてしまうようなこともない便利な方法としておすすめになっています。

力を入れ過ぎないこと

耳たぶ回しの基本的な方法としては、まず横になった状態で行います。
立ったり座ったりした状態でも行うことはできますが、より高い効果を得ることを考えるならできるだけ横になった姿勢で行うようにしてみてください。
やり方としては両手でそれぞれ耳たぶを軽くつかみ、弱めの力を込めて前から後ろに向かう回転を4回行います。
次に両手を使って目元に指先で触れ、目頭(顔の中央)から目尻(外側)にむかって頬を4回なでるようにしていきます。
この時に注意したいのが、マッサージをするといっても力をいれすぎずほとんど撫でるかのような強さで行うということです。
目元の肌は顔の部分の中でもかなりデリケートになっているので、力を入れ過ぎると肌質を痛めてしまうこともあります。

それが終わったら再び両手で耳たぶをつかみ、同じように前から後ろに向かって4回回します。
それから手を離し、アゴを前・左右・上下といったふうに運動させていきます。
できるだけ顔の筋肉を大きく動かすようにするのがコツです。
仕上げに立ち上がって肘が直角になるように持ち上げ、肩甲骨を意識して後ろに4回引っ張るようにします。
そのあと肩甲骨全体でできるだけ大きく8回回すようにすれば完成です。

参考:耳たぶ回しのやり方