舌出し・舌まわし

顔の大きさに悩む人におすすめなのが、「舌出し・舌回しダイエット」です。
大顔を作り出す原因となっているのは、顔の部分を流れるリンパの流れが悪くなることによる老廃物の滞留からくるむくみの状態です。
また、加齢によって肌質が衰えると肌内で皮膚を支える細胞の力が弱くなるので、たまった脂肪をささえきれずに下にだらりと下がったような状態を作り出し、それが顔を大きく見せてしまうことになったりします。
そこでそんな2つの原因を一気に解消することができるのが、舌を動かすことによってできる顔の内部の運動です。
人の舌は顔の中心にあり、動かすことにより顔全体の筋肉を働きかけることができます。
たくさん喋ったり笑ったりしたあとには顔全体が疲れたように感じますが、それは口元を多く動かしたことにより、顔全体を運動させたのと同じような効果を得ているためです。

舌出し・舌回しによる顔の部分の運動は決して難しい方法ではなく、短い時間で手軽に行うことができます。
やりかたとしてはまずまっすぐ前を見た状態で舌をできるだけ前に向かって伸ばします。
前を見た状態で自分の視界に舌の先が入ってくるくらいまで思い切って伸ばすようにして、そのまま5秒ほど静止をします。
そのあとに伸ばした舌を今度は自分の鼻先に向けて伸ばしていきます。
このとき舌の長い人なら鼻の頭に届くかもしれませんが、無理につけなければいけない必要はなく、ようはめいっぱい舌を上に上げるというイメージで行います。
それも5秒ほど静止させたら、次に同じように伸ばした舌を自分のアゴに向かって下げていきます。
できるだけ下げた状態でこれもまた5秒程度静止させ、それから右に動かして5秒、左に動かして5秒というように上下左右に舌を動かす運動を1セット行います。
上下左右がすべて終わったら、最後に思い切り前に伸ばした舌を右回り5秒、左回りに5秒というふうに回転をさせたら終わりです。
舌出し・舌回しの運動をするタイミングはいつでもよいのですが、習慣として続けるためにはできるだけ毎日決まった時間に行うクセをつけていくのがよいでしょう。
時間帯としては朝起きてすぐくらいのときがおすすめです。

舌出し・舌回しは地味な運動であるのでそれほど効果があるように感じられないかもしれませんが、実際に上記の運動をすべて行うと約1分くらいの短い間にかなり顔の部分を使った実感を得られます。
コツとしては運動をするときに顔のどの部分が動かされているかということをしっかりと意識しながら行っていくということです。
舌を目一杯伸ばす運動をすると、アゴから喉のあたりにかけての皮膚が強く引っ張られるのを感じることができるかと思います。
このアゴのラインを鍛えることはそのままフェイスラインを整えることにつながっていきますので、毎日続けて皮膚の内部の筋肉を鍛えることで顔を引き締め小顔を作り出していくことができます。
科学的には舌出し・舌回しの運動はアンチエイジング効果のある膵液線ホルモンの分泌を促進する効果があるとも言われています。